交通事故後遺症は?

交通事故にあい被害者となり、怪我をして治療を行ったが後遺症が残ってしまったという場合にはどのような手続きを行ったらよいのでしょうか。後遺症がある場合には後遺障害の認定を受ける必要があり、後遺障害には、1~14までの等級があり、等級が決まることで認定がされたということになります。

つまり申請をしても認定されない場合もあるということになるのですがまずは申請を行うことが大事なことになってきます。申請は加害者側の保険会社に行ってもらう方法と被害者自身が行う方法とがありますが、加害者側の保険会社という場合には悪意はなくとも被害者の有利になるということは考えるのが難しいものとなります。

正当な認定を受けるためには被害者自身がきちんとその状態を申請し正当な等級を認定してもらう方法が安心です。

とはいっても後遺障害の申請は誰もが理解しているとは言い難いものとなりますから専門的な知識も必要となってきます。

できないことではないのですが、専門的な知識があることでより有利な認定を行ってもらうことができる可能性が高くなりますから方法としては弁護士をお願いすることになります。弁護士であれば専門的な知識を活用してより有利な申請を行うことができます。

申請も診断書の段階からポイントとなる部分があるのでできだけ早い段階から弁護士に介入してもらい申請の手伝いを行ってもらうようにすることが必要です。

弁護士も交通事故を専門に行っている弁護士もいますからより心強いということであればそういった弁護士さんをお願いするとよいでしょう。

関連:後遺障害等級が大事

関連>>後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所