後遺障害等級が大事

交通が事故の被害者となった際には被害者請求として示談金の請求などを行うことになりますが、示談金がどの程度になるのかは後遺障害の等級が大きくかかわってきます。等級が高くなればそれだけ示談金も高くなる可能性があります。もちろん必要以上に請求を大きくするのはおかしな話になってしまいますが少なくとも交通事故で被害を被った補償を妥当な金額でもらうということは大事なことになってきます。

加害者が任意保険に加入していることが分かればそれで安心してしまう場合もありますが、実際には保険会社は加害者の味方となりますからそこから被害者として妥当な補償を受けるためには素人では判断することができないことも少なくありません。

後遺障害等級もその一つとなってきますからついつい言われるがままになってしまうこともありますが、納得のいく補償を受けるためには妥協することなく面倒と感じることもしっかりとチェックしていくことが必要となります。被害者となり治療を行っている状態で神経を使うことはとても大変なことになってきますが、弁護士をお願いすればそういった不安もなく過ごすことができます。

交通事故はだれもが経験するということでもありませんからわからないことだらけというのが当然となります。後障害の等級といわれてもわからないのも当然ですからできるだけ早い時期から弁護士に相談するようにし安心して正当な請求を行うことを考えましょう。

被害者申請メリット

後遺障害申請を被害者自身が行うことは正当な等級の認定を受けるためにも必要なこととなってきますが、それだけでないメリットがあります。被害者自身が申請を行うのを被害者請求と呼びますが被害者請求では、自らの主張をきちんと申請することができるということが大きなメリットとなってきます。

その他にも後遺障害等級の認定がされれば自賠責保険の支払いが行われるということがあります。事前認定の場合には示談が成立しなければ保険金の支払いが行われることがありませんからその前に支払いが行われるのは助かります。

また、加害者側の任意保険で治療費を打ち切られてしまった場合に症状固定後となりますが自賠責保険の方に被害者請求を行うことができるというメリットがあります。こういったメリットを考えても被害者自身が申請を行う被害者請求を行った方が有利になってきます。とはいっても自分で申請を行うにしてもどういった書類が有利に働くのかといったことは簡単に判断することができるものではありません。

申請に自信がない場合には弁護士にお願いすることでより詳しい知識で被害者にとって有利な申請を行うことができますから後遺障害等級でも少しでも高い等級での認定が期待できます。等級が高くなるということはそれだけ妥当な請求を行い補償をしてもらうことができるということにつながります。

交通事故後遺症は?

交通事故にあい被害者となり、怪我をして治療を行ったが後遺症が残ってしまったという場合にはどのような手続きを行ったらよいのでしょうか。後遺症がある場合には後遺障害の認定を受ける必要があり、後遺障害には、1~14までの等級があり、等級が決まることで認定がされたということになります。つまり申請をしても認定されない場合もあるということになるのですがまずは申請を行うことが大事なことになってきます。

申請は加害者側の保険会社に行ってもらう方法と被害者自身が行う方法とがありますが、加害者側の保険会社という場合には悪意はなくとも被害者の有利になるということは考えるのが難しいものとなります。正当な認定を受けるためには被害者自身がきちんとその状態を申請し正当な等級を認定してもらう方法が安心です。

とはいっても後遺障害の申請は誰もが理解しているとは言い難いものとなりますから専門的な知識も必要となってきます。できないことではないのですが、専門的な知識があることでより有利な認定を行ってもらうことができる可能性が高くなりますから方法としては弁護士をお願いすることになります。弁護士であれば専門的な知識を活用してより有利な申請を行うことができます。

申請も診断書の段階からポイントとなる部分があるのでできだけ早い段階から弁護士に介入してもらい申請の手伝いを行ってもらうようにすることが必要です。弁護士も交通事故を専門に行っている弁護士もいますからより心強いということであればそういった弁護士さんをお願いするとよいでしょう。

参考サイト後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所