被害者申請メリット

後遺障害申請を被害者自身が行うことは正当な等級の認定を受けるためにも必要なこととなってきますが、それだけでないメリットがあります。被害者自身が申請を行うのを被害者請求と呼びますが被害者請求では、自らの主張をきちんと申請することができるということが大きなメリットとなってきます。

その他にも後遺障害等級の認定がされれば自賠責保険の支払いが行われるということがあります。事前認定の場合には示談が成立しなければ保険金の支払いが行われることがありませんからその前に支払いが行われるのは助かります。

また、加害者側の任意保険で治療費を打ち切られてしまった場合に症状固定後となりますが自賠責保険の方に被害者請求を行うことができるというメリットがあります。こういったメリットを考えても被害者自身が申請を行う被害者請求を行った方が有利になってきます。とはいっても自分で申請を行うにしてもどういった書類が有利に働くのかといったことは簡単に判断することができるものではありません。

申請に自信がない場合には弁護士にお願いすることでより詳しい知識で被害者にとって有利な申請を行うことができますから後遺障害等級でも少しでも高い等級での認定が期待できます。等級が高くなるということはそれだけ妥当な請求を行い補償をしてもらうことができるということにつながります。